旅行が疲れる?週1トラベラーが教えるその原因と対策

旅行が疲れる?週1トラベラーが教えるその原因と対策TRAVEL

旅行は楽しみにしているんだけど、旅行に行くとなんか疲れちゃうんだよなー。

休み明けの仕事もしんどくなるし、、、だから、なかなか旅行が楽しめない。

そんな方も多いのではないでしょうか?

旅行の疲れを減らし、週明けに疲れを残さないためには、旅行時や日頃の疲れ対策が必要です。

ということで今回は、旅行で疲れてしまう原因とその対策についてご紹介します!

スポンサーリンク

旅行で疲れる原因

旅行で疲れる原因

旅行で疲れる原因をまとめてみました!

こう書きだしてみると、色々あるなと。

・荷物が多い
・旅行に適してない服装
・タイトなスケジュール
・長距離移動
・楽しまなくてはいけないという考え
・日々の運動不足
・非日常のストレス
・SNSの触りすぎ
・周りへの気疲れ

それでは、1つ1つずつ解説していきます!

荷物が多い

旅行は普段の生活に比べると、移動することが多いです。そのため、旅行で荷物が多いと、その分、移動時に負担が大きくなります。

たしかに、荷物が多いほうが色々と便利かと思うかもしれません。しかし、実は荷物を多くするのはかえって逆効果なので注意!

旅行に適してない服装

旅行に適さない服を着ていってしまうのも、疲れがたまる原因。

移動が多いため、歩きづらいヒールや動きづらいスカートなどをはいてしまうと、余計な疲れがたまってしまいます。

タイトなスケジュール

スケジュールを詰めすぎると、移動が多くなりがち。

リラックスるための余裕な時間がないため、疲れが蓄積します。

現地で予定を詰め込みすぎて、チェックインが夜になってしまう、、、そういうスケジュールを立てていれば、疲れがたまるのも当然と言えます。

長距離移動

長距離移動は疲れがたまる原因の1つ。

移動手段は車、バス、電車、飛行機などいろいろありますが、同じ体勢でじっとしておかなければいけないのはどれも同じ。

長時間同じ体勢でいるのは、ストレスもたまるので、体には悪影響です。

楽しまなくてはいけないという考え

旅行に行ったら楽しまなくてはいけないという考えを持っていると、旅行先でいろいろと予定を詰め込みがち。また、楽しまなきゃ!という考えから、不満などのストレスがたまりやすいです。

せっかく旅行に行くんだから色々やりたい!という気持ちがあるのもわかります。

しかし、旅行では日々の疲れを癒すために、ゆっくりするという考えも大事です。

日々の運動不足

普段の生活の中で、ジムに行くなどなにかしらの運動をしていますか?

体力づくりをしていないのに、旅行で騒げば疲れるのも当然です。

日々の運動不足がたたって、遊んだ分の反動が疲れとして出てきてしまいます。

非日常のストレス

旅行は日常の延長ではなく、非日常の経験をするということ。

たいていの人間は、慣れていないことをするときはストレスを感じるもの。

旅行先では新しい場所、新しい人など、新しいものから刺激を受ける機会が多くなります。

そのため、気づかないうちに、自然とストレスをため込んでしまうことがあります。

SNSの触りすぎ

インスタ映えという言葉があるように、SNSで周りから良い反応を得ようと、若い子は旅行先で撮影やSNS投稿をやりすぎてしまう傾向にあります。

これでは旅行を楽しめず、SNS疲れを引き起こしてしまいます。

周りへの気疲れ

友達や家族、恋人と旅行に行くと、気疲れをしてしまうことがあります。

というのも、旅行に行けば、朝から晩までほとんどの時間を誰かと一緒に過ごすことになるからです。

周りの人に気を使ってしまうという方は、大人数の旅行では注意が必要です。

旅行で疲れないようにする対策

旅行で疲れないようにする対策

前述のとおり、旅行では疲れる原因がたくさんあるので、疲れがたまるのはある程度しかたありません。

とはいえ、ちょっとした工夫や意識を変えるだけで、旅先での疲れを減らすことは可能です!

対策をまとめるとこんな感じ。

・荷物を最低限に
・旅行に適した服装を着る
・スケジュールに余裕を持たす
・ツアーを申し込む
・近場をチョイス
・なにもしない
・ジムに通う
・お酒はほどほどに
・睡眠時間をたっぷりとる
・温泉にしっかり浸かる
・マッサージをうける
・サプリを取り入れる
・携帯はさわらない
・ひとりで旅行する

では、対策方法を1つずつ見ていきましょう!

荷物を最低限に

旅行では移動が多くなるので、荷物を必要最低限におさえるということが重要。

荷物が多いと便利なこともありますが、その分荷物が大きくなるので、移動という面からみれば荷物が多いのは明らかにデメリットとなります。

旅行となるとつい荷物が多くなっちゃう!という方は以下の記事に旅行で荷物を減らすコツをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>荷物を増やすとかえって不便…荷物を減らして快適に旅行する方法!

旅行に適した服装を着る

旅行には、旅行に適した服装を着ていきましょう。

ミニスカやヒールはもってのほか。

旅行に行くときは、動きやすく、歩きやすい服を必ず着ていくようにしてください。

具体的な旅行の服装の選び方については、こちらにまとめていますので、よろしければあわせて読んでみてください。

>>ポイントを理解しよう!旅行の服装の選び方”メンズ編”
>>旅行で避けるべき服とは?メンズが考える女性の旅行の服装の選び方

スケジュールに余裕を持たす

スケジュールは詰め込まず、余裕を持たせましょう。

旅行も普段の生活と同じ。予定を詰め込みすぎると、夜に疲れがドッと出る原因となります。

旅行先ではカフェやホテルでゆっくりするような時間をとっておくようにしてください。

チェックインを早めにして荷物を置くなどの工夫も必要です。

ツアーを申し込む

自分たちでホテルや交通手段を予約する場合は、予定もすべて自分たちで組まなくてはいけません。旅行先の移動ももちろんそうなります。

そうすると、考えることや調べることも多くなります。

それが嫌であれば、ツアーを申し込むというのも手です。

ツアーであれば、移動も旅行プランもツアー会社が組んでくれるので、余計な労力がかからず、気軽に旅行をすることができます。

近場をチョイス

移動は疲れがたまる最大の要因。移動距離に比例して、疲れのたまり具合も比例します。

ですので、疲れやすいという方は、近場の旅行先をチョイスするようにしましょう。

目安として、目的地が家から2時間以内の距離がいいと思います。

3時間となると往復で6時間となるので、期間の短い週末旅行では体力的になかなかハードになります。

なにもしない

旅行先ではなにもしない!というのも全然アリ。

ホテルで寝て、温泉に入って、ご飯食べて、お酒飲んで、寝る。それだけ。

そんな旅行をするのもオススメです。ある意味、一番贅沢な旅行と言えるかもしれません。

ジムに通う

旅行先の工夫ではないですが、普段からジムに通うなどして、運動をするというのも疲れ対策の1つ。

というか、旅行に行ったら色々と見て回りたいのであれば、普段の生活に運動を取り入れて体力作りをしておくのが一番の解決方法です。

普段の生活に運動を取り入れると、仕事のパフォーマンスも上がるため、一石二鳥。オススメですよ!

お酒はほどほどに

旅行先ではついお酒を飲みがち。

夜は遅くまで飲んでしまったり、昼から飲んでしまうなんてこともありますよね。

お酒も旅を楽しむための要素の1つですが、ほどほどにしておかないと、翌日に疲れが残るので注意。

旅行先で二日酔いになったら最悪ですからね。

何事もほどほどに!

二日酔い対策には、かさばらずに持ち運びできるノ・ミカタあたりを携帯しておくのがオススメ。

睡眠時間をたっぷりとる

疲れを取るための最大の対策は、たっっっぷりと睡眠時間を取ること。

寝るのはもったいないという気持ちもわかりますが、睡眠時間を削れば、その分の反動は必ず疲れとしてでます。

疲れを残したくないのであれば、できれば8時間は寝たいところです。

8時間睡眠ができれば、体力もしっかり回復します。

温泉にしっかり浸かる

旅行といったら温泉ですよね!温泉を目的として旅行する人も多いかと思います。

温泉は疲れを取るのには最適。

お酒を飲む前にちゃんと時間を取って、ゆったり温泉に浸かりましょう!

マッサージをうける

移動が多かった日には、ホテルに着いた途端に、ドッと疲れが出ますよね。

そんな時は、ホテルでマッサージサービスを受けるのもオススメ。有料ですが、たいていのホテルにはマッサージサービスがあります。

旅行の疲れが一気に取れて、スッキリしますよ!

サプリを取り入れる

体力的にしんどいのであれば、サプリを取り入れましょう!

ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、クエン酸、テアニンなどが成分に含まれたサプリがオススメです。

即効性を期待するのではなく、普段の生活からサプリを取り入れていくようにしてください。

サプリはここあたり。

携帯はさわらない

SNSをやってしまうという方は、携帯をなるべく触らないようにしましょう。

やっぱり、スマホばかり触っていたら旅行は楽しめないです。

とはいえ、ついつい触ってしまうという人は、ホテルに思い切って携帯を置いていきましょう!

ひとり旅の場合はなかなか難しいですが、誰かと旅行しているのであれば、それも可能です。

ひとりで旅行する

誰かといると気疲れしてしまうという方は、いっそのことひとり旅をしてしまいましょう!

誰にも気を使わなくていいですし、自分の好きなように旅行することできるので、余計なストレスをため込まなくて済みますよ。

ひとり旅をしたことがない方は、最初は少し勇気がいるかもしれませんが、やってみればどうってことありません。

思い切って挑戦してみてください。

まとめ

以上、旅行で疲れる原因と対策についてご紹介しました!

旅行で疲れる原因の大半は、必要以上に無理をしてしまうこと。無理をせずに適度に楽しむことが大切です。

もちろんそれは人によって異なるので、自分の理想となる旅のスタイルを見つけてください!

そうすれば、もっと旅行を楽しめるようになりますよ!

タイトルとURLをコピーしました