荷物を増やすとかえって不便…荷物を減らして快適に旅行する方法!

荷物を減らして快適に旅行する方法TRAVEL

こんにちは!ikegamiです。

旅行に行くとなると、気分がウキウキしますよね!僕は旅行前日、全然寝れなかったりします。笑

さて質問ですが、あなたは旅行に行くとき、荷物をどれくらい持っていきますか?

僕は仕事でも私服のため、365日同じデイパックを背負って移動しています。

また、国内、海外問わず、1週間以内の旅行であれば、毎日使っているデイパック1つしか持っていきません。

ほとんどの方が持ち歩かないであろうノートパソコンを常に持ち歩いているのに、です。

今年はコロナでハワイしか行けてませんが、去年はスリランカ、メキシコ、アメリカ、台湾へ、全部いつものリュック1つで行きました。

なんでそんなに荷物少ないの?とよく言われますが、逆にみんな荷物多すぎでしょ!と思います。ちなみに、僕は別にミニマリストというわけではありません。

ということで今日は、旅行となると荷物がつい多くなってしまうという方へ向けて、荷物を減らすコツをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

旅行で荷物が多いことのデメリット

旅行で荷物が多いことのデメリット

まずは、荷物が多い場合のデメリットを考えてみました。

・荷物を準備するのが大変
・荷物を片付けるのが大変
・移動する際に重いし、大きいので、邪魔
・重くて疲れる
・持ち物が多い分、忘れ物が増える
・気にすることが多いので、ストレスが増える

こんな感じでしょうか。

僕が特に嫌なのは、荷物が多いと移動が大変ということ。

身軽じゃないと、誰かともめることも多くなる。

荷物重いからどこどこ行きたくないとか、宿に着いてからにしょうとか、ね。。。

荷物が多いといろいろと便利だと思いがちですが、実は真逆。荷物が多いと不便なんです。

旅行で荷物を少なくすることのメリット

旅行で荷物を少なくすることのメリット

僕が感じる旅行で荷物を少なくすることのメリットはこんな感じ。

・荷物が少なくて移動が楽
・移動が楽な分、疲れづらい
・荷物の準備が簡単で楽
・準備も、片付けも、移動も、すべての点で時短になる
・荷物が少ない分、忘れ物が少なくなる
・気にすることが少ないので、ストレスが減る

荷物が少ないと、とにかく楽です。ぼくは日常生活とほぼ同じ荷物で旅行に行くので、普段感覚で移動できます。

スーツケースをがらがら持ち歩きなんてせずに、リュックサックのみで移動できるなんて気軽でしょ?

大事なことはパッキングじゃない。大事なのは荷物を減らすこと

大事なことはパッキングじゃない。大事なのは荷物を減らすこと

荷物を減らすために、パッキングをうまくしようとする人がいますが、それは間違い。

なぜなら、パッキングは荷物を上手に収納することであって、荷物を減らすこととは全く別のことだからです。

もちろん、荷物をコンパクトにするという点では、パッキングも重要ですよ!

でも、荷物を減らしたいと思っているのであれば、大事なことはパッキングではなく、荷物を減らすことだということを意識しましょう!

荷物がつい多くなってしまうのは”メンタル”の問題

荷物がつい多くなってしまうのは"メンタル"の問題

ここで、荷物が多い人の気持ちを考えてみます。

・○○したらどうしよう、、、
・○○するには、○○がないとできない
・○○が足りるかわからないから、いちおう持っていこう
・もしかしたら○○するかもしれないからこれも必要

こんな感じでしょうか?

書きだしてみて思うのは、荷物を持っていく理由が明確ではないということ。

不確定要素に対して、準備のしすぎかもしれません。

必ずやると決めていることがあるなら、それに必要な荷物は持っていくべきかもしれません。しかし、やらないかもしれないことに対して、準備をすることははっきり言ってしまえば無駄ですよ。

「服が足りなくなったらどうしよう?」
「寒くなるかな?」
「水着はいるかな?」

こういった悩み事は、すべて不安からくるもの。悩み事すべてに対処すれば、荷物は当然多くなってしまいます。

なので、「○○いるかな?」や「○○やるかな?」という懸念に対しては、基本的に準備していかないということが大事!

ものがないと不安だという方も、基本的になんとかなると思いましょう!

薬とか命にかかわるものは当然必要としても、それ以外のものは忘れても死なないので大丈夫です。

特に日本だったらね。たいていのことはなんとかなるという心構えが重要です。

ちなみに、僕は今年の夏、沖縄へ3回行きましたが、海パンは一回も持って行きませんでした。なぜなら、入る予定を事前に立てていないから。

といっても、一回は海には行ってシュノーケリングもやりましたよ!もちろんシュノーケリングの道具なんて持って行っていない。

宿の人にオススメされて、入って行きなよと。無料で全部貸してくれました。笑

まぁ、流れでなるようになるということです(女性は水着必要かもしれませんけどね、、、)!

荷物、どれくらい減らせばいいの?

じゃあ、荷物はどれくらい減らせばいいんでしょうか?

以下は僕の経験からの指標です。

国内旅行であれば、

・飛行機に手荷物だけで乗れること(カウンターで預けるのはなし)
・リュックサックに荷物が全部入ること
・リュックサックにお土産などを入れる余裕を持たせておくこと
この条件はクリアできるようにしておきましょう!

リュックサックの大きさはどれくらい?

AS2OV(アッソブ)

僕が普段使っているのは、AS2OV(アッソブ)という日本のバッグブランドの「CORDURA DOBBY 305D」というこちらのバックパック。2~3年くらい使ってるかな?容量は20Lで、収納力はまずまず。

生地には耐久性に優れたCORDURAかなり縫製もしっかりしているので、長く使いたいという方にはオススメ。ただぶっちゃけた話、重要なのは容量で、どのバッグも機能面ではたいして変わらないです。

容量については、大きすぎても邪魔だし、小さすぎると入らないので、20Lぐらいが理想かなと思います!

旅行時に荷物を減らすコツ

さて、それでは旅行時に荷物を減らす方法についてご紹介します。

これを意識しておくだけで、荷物は必ず少なくなります。

宿にあるものは持たない

まずは宿にあるものは、基本的に持っていくのはやめましょう!

宿によっては用意されていないケースもあるので、宿を予約する時に用意されているものをチェックするようにしてください。

以下のものはたいてい用意されています。

・歯ブラシ
・タオル
・シャンプー
・リンス
・ボディソープ
・ドライヤー
・ひげ剃り
・パジャマ
・ブラシ

お気に入りのシャンプーなどがある!という方は、小さめのものや、持ち運び用のケースに必要な分のみをいれるようにしてください。

足りなかったら現地調達

100均

旅行先でなにかものを忘れたなんてことや、急遽必要になったということもありますよね。

たとえば、

・思ったより寒くて上着がない、、、
・宿にひげそりなかった、、、
・海はいることになって水着必要になった、、、
・宿に洗顔ない、、、
・化粧水足りない、、、
・ビーサンほしい、、、
・靴下ほしい、、、

なんてパターンは、往々にしてあります。

そんな時は、現地調達しましょう!

たしかにお金がもったいないと思うかもしれません。

ただ、ほとんどのものは100均で手に入ります!かかっても数百円。

持って帰る荷物のスペースがなければ、現地で処分してしまえばOKです。

衣服は最低限。現地で洗濯もあり

荷物がかさばる最大の要因は洋服です。

下着に、インナー、シャツ、アウター、パンツ、などなど。。。数が多いし、容積も大きいため、カバンの中をほとんどを占領してしまうんですよね。

なので、衣類は最低限にしたいところ。

2、3泊の旅行なら、2、3泊分の服が必要と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

というのも、ホテルや街中にはたいていコインランドリーがあるので、それを利用すればOKです!

まあ、2、3泊分であれば持っていっても大丈夫ですが、それ以上ですと現地で洗濯したほうが賢いです。

貯まった洗濯物を現地で洗濯しておけば、帰ってから洗濯しなくてもよいので楽ですよ!

ちなみに、僕が1週間ほど海外旅行するときは、いつも現地のコインランドリーを使用しています。

石けんを使って手あらいすることもありますね。

どうしても、洋服を余分に持っていきたいという方は圧縮袋を利用するなどして、パッキングで工夫しましょう!

スーツケースではなく、リュックサックにする

スーツケースは容量が大きく、荷物が詰めやすいです。

そのため、いらないものを入れてしまいがち。。。

また、移動するのもなにかと不便です。

ですので、背中に背負えるリュックサック1つで旅行するのがオススメ!

リュックはさきほど紹介した通り、20Lぐらいのパックパックが理想です!

ミレー、コロンビア、ノースフェイス、マムートなどのアウトドアブランドのものであれば、間違いないでしょう。カラーリングも豊富なので、女性でもいけますよ!

まとめ

以上、旅行時の荷物を選らす方法についてご紹介しました!

旅行が楽しみでつい荷物が多くなってしまった、という経験は誰にでもあります。

ただ、荷物を多くしても、結局一回も使わなかったなりするんですよね。本当は足りないぐらいでいいんです。

シンプルに荷物は少ない方がいけてるしね。

旅行の回数を重ねていくことで、これはいるな、これはいらないな、なんていう判断もできるようになってきます。

荷物がなかなか減らない、、、という方はぜひ参考にしていただければ嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました