ポイントを理解しよう!旅行の服装の選び方”メンズ編”

ポイントを理解しよう!旅行の服装の選び方"メンズ編"TRAVEL

旅行に行くとなったらやらなければいけないのが服装選び

今回は何の服を持って行こうかな?と悩む方も多いはず。

時期によっても持っていくものが異なるので、選ぶのがなかなか難しいですよね。

ということで、旅行時のメンズの服装の選び方についてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

服装の選び方のポイント

まずは服装の選び方のポイントを理解しましょう!普段使いのものではなく、旅行に適した服を選ぶというのがポイントです。

あとは、ファッション性も大事ですが、より機能性を重視するようにしましょう!

ファッション性が高く、機能性の高い服を選ぶなら、値段は少し張りますが、やはりアウトドアブランドがオススメ

コロンビア、ノースフェイス、パタゴニアなど、ファッション的にイケているブランドも多いです。

汚れてもよい服

旅行だと色々なスポットに行く機会が増えるので、なにかと服が汚れがち。

ですので、なるべく汚れてもよい服をもっていきましょう。

汚れが目立ちにくい色の服(濃い色の服)や汚れが落ちやすいアウトドア系の服などを選ぶのがオススメ!

TPOにもよりますが、ホワイトカラーのトップスやパンツはできればやめたほうがよいです。

丈夫な服

動きまわることが多くなるので、なるべく耐久性のある服を選びましょう。

繊細なウールなんかはもってのほか

途中で破れた!なんてことにならないように、特にパンツは丈夫なものがいいです。

そういう意味では、パンツは安すぎるものは避けた方が吉。

生地も薄すぎないものを選んだほうがいいですね。具体的には、デニムで言うと少なくとも10オンス以上、できれば12オンス以上のものが良いかもしれません。

軽い方が動きやすいというメリットもありますが、8オンスだとちょっと薄いかも。オンスとは簡単に言うと生地の重さのことです。

パンツを買うときは、オンス(生地の重さや厚さについて)を店員さんに聞いてみると良いと思います。

動きやすい服

動きやすいというのも重要な要素です。

タイトすぎず、少々余裕のあるオーバーサイズの服がよいでしょう!

今ではストレッチが効いた服は動きやすく、旅行では理想の服と言えます。

ただ、ストレッチのある服は耐久性に問題があることがあるので、その点注意です。

かさばらない服

旅行の際、カバンの容量の大半をしめるのが洋服

そのため、かさばらない服を選ぶというのも大事なポイント!

パンツ、アウターは最小限に(それぞれ1枚が理想)
・服はちゃんとコンパクトにたたむ
・番手が太すぎない服(番手とは服の糸の太さ)を選ぶ
・圧縮袋を使う
ここら辺を意識してあげるとよいでしょう。

着回しできる服

着回しができる服を持っていきましょう。

前述のとおり、かさばるパンツとアウターはそれぞれ1枚にしておくのが理想です。

パンツとアウターは着回しができますからね!

日数分持っていくのは、インナー、下着、靴下ぐらいにしてください。

洗濯しやすい服

1週間など、少し長めの旅行に行くのであれば、現地で服を洗濯するというのも手です。

その場合は、洗濯しやすい服を持って行くのがオススメ!

洗濯しやすい服とはこんな感じ。

ポリエステルやナイロン素材のトップス(化学繊維は乾きやすい)
・消臭、防菌効果のある服(時間がないと服が乾ききらないことがあるため)
・薄手の服(薄手のほうが乾きやすい。長ズボンは厚手推奨ですが、洗濯には不向き)

TPOに合わせる

旅行先ではTPOに合わせて服を選ぶようにしてください!

・リゾート地なら、短パンにサンダルスタイルで
・ハイキングなどアクティビティをするなら、防寒、防水の服装を
・デートなどでおしゃれな場所に行くなら、ジャケット+スニーカーを

など。

特にデートなどでオシャレなお店に行く予定があるのであれば、ジャケットは持っていきたいですね。

季節ごとに持っていきたい服

季節ごとに持って行きたい服をまとめてみました!

春に持っていきたい服

春はアウターがいらないので、冬に比べて荷物もだいぶ軽め!

アウターはいらないと思います。寒ければ、カーディガンなどの羽織を持って行けば基本的には問題ありません。

・インナー(半袖または長袖Tシャツ)
・トップス(ボタンダウンシャツやスウェットなど)
・羽織(カーディガンなど)
・パンツ
・下着
・靴下
・シューズ
・小物

夏に持っていきたい服

夏は荷物が少なくてよいので一番楽です!

日差しの強い夏は日よけ用の小物を持っていくのがオススメ。

・Tシャツ
・山奥などはトップス(ボタンダウンシャツやスウェットなど)
・パンツ(半ズボンだけでもOKですが、寒がりの方は長ズボンをはいていき、短パンを持っていくのがオススメ)
・下着
・サンダル(スニーカーおよび靴下は必要に応じて)
・小物(サングラスやハット)

秋に持っていきたい服

秋は春と同じですが、秋の方が肌寒く感じるかもしれません。

・インナー(長袖Tシャツ)
・トップス(ボタンダウンシャツやスウェットなど)
・羽織(カーディガン、セーターなど)
・パンツ
・下着
・靴下
・シューズ

冬に持っていきたい服

冬は最も荷物がかさばる時期。冬はパッキングに悩みます。

とはいっても、春秋の羽織の代わりにアウターを持っていくイメージでOK!それ以外は同じなので、実は春秋とそこまで変わりません。

インナーは日数分用意して、トップスは着まわす前提で、必要最低限にしておきましょう。

アウターはできれば着ていく一着分のみにしてください。

コートは動きづらいので、着丈が短めのジャケットを選んだ方が無難です。

・長袖Tシャツ
・トップス(ボタンダウンシャツやスウェットなど)
・アウター(ジャケット、コートなど)
・パンツ
・下着
・靴下
・シューズ
・小物

服選びは難しく考えずシンプルに

服選びは難しく考えずシンプルに

以上、メンズの旅行時の服装の選び方をご紹介しました!

服を選ぶ際は、ポイントをつかむことが重要です。

服は必要最低限におさえ、機能性を重視することが大事。もし機能性も重視して、オシャレもしたいなら、アウトドアブランドをピックしましょう!

リーズナブルなところでは、ユニクロやワークマン、無印良品あたりでも全然問題ありません。いまはユニクロなんか本当におしゃれですからね。

ただ何度も言っているとおり、大事なのはファッション性より機能性です。間違っても先が尖がった革靴を履いていったりしないようにしてくださいね(たまにいるけど笑われるよ…)!

まあなんだかんだ言っても、男は気楽な服装にすればOK!難しく考えずシンプルにいきましょう!

服装を選ぶ際にはぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました