箱根のゲストハウスで囲炉裏をひとり旅 vlog

ドミトリー貸切!箱根のゲストハウスで囲炉裏をひとり囲む旅TRAVEL
箱根で囲炉裏ひとり旅

週1トラベラーのひとり旅シリーズ。今日から投稿していきます!

今回は1泊2日で箱根に行ったときのお話。

箱根では、宮古島以来、2ヶ月ぶりのドミトリーに泊まりました。泊まったのは彫刻の森駅近くの「囲炉裏ゲストハウス天幕」さん。

泊まってみて思うのは、シェラトンとかも最低でも年1で泊まるけど、やっぱり自分は安宿派だなと!

ドミトリーならではの魅力ってあるんですよね。ということで、箱根の旅の模様をご紹介します!

スポンサーリンク

都内から箱根へ鈍行でのアクセス

都内から箱根までは鈍行で約2時間!ちょっと遠いですが、2時間ぐらいなので大したことないですね!特急だと1時間ほど。都内からだと鈍行で片道約2000円です。

普通列車で箱根まで行くなら、東海道線で小田原まで行く方法が楽。東京駅から乗り換えなし1本で行けますからね。藤沢~平塚辺りまでは混んでいるので座れないこともあるかもしれませんが、平塚を過ぎればほぼ間違いなく座れます。

ちなみに、小田急小田原線で小田原まで出る方法も。小田急小田原線のほうが料金は300円か400円安くなりますが、プラスで30分ほど時間がかかります。

彫刻の森駅へは小田原から箱根登山電車 箱根湯本行きに乗り、終点の「箱根湯本駅」で箱根登山電車 強羅行きに乗り継ぎます。

箱根湯元から彫刻の森駅までは34分です。意外とかかるんだね。。。

宿泊先は囲炉裏ゲストハウス天幕

はい、今回の宿泊先は、箱根 彫刻の森駅から徒歩5分くらいのところにある「囲炉裏ゲストハウス天幕」。

駐車場もありますが、車の場合は要事前予約。

旅館を改装して2018年にオープンしたばかりのゲストハウスです。宿はかなりキレイ。ゲストハウスって汚いところも多いですが、ここなら女性でも全く問題なし。

部屋タイプはドミトリーおよび個室。全室冷暖房完備。wifiももちろん付いています。回線速度も問題なし。

キッチンの調理器具、食器、冷蔵庫は自由に使用可。紅茶、コーヒーは無料。ダイニングスペースは24時間利用できます。

そして、このゲストハウスの最大のポイントは囲炉裏。
ダイニングスペースに囲炉裏があり、ゲストみんなで囲炉裏を囲むような設計になってます。囲炉裏を囲みながら、ほかの宿泊者と自然と話ができるのがグッド!

その脇にはバーが設置されており、クラフトビールや日本酒を楽しめます。バーは雰囲気もあるので良いですよ!

残念なのは、シャワー室はありますが温泉がないこと。。。箱根で温泉に入らないのはさすがにないですよね??

ただ、安心してください。温泉に入る方法もあるので、それは後ほど。

今回かかった宿泊料金

今回かかった宿泊料金です。もともと安いとはいえ、Go To トラベルのおかげでかなりお得に。

ドミトリー(大人1名):3,500円
Go to トラベル割引:1,225円
じゃらんクーポン利用:500円
支払料金:1,775円(税込)
地域共通クーポン:1,000円
実質:775円
※宿泊料金はシーズンによって異なる場合があります

やっす!(^o^)

高級ホテルでなくても、十分にお得になります。

ドミトリーの様子

ドミトリーはこんな感じ。部屋というか寝床は、コンクリではなく、木で区切られているので、閉塞感はそんなに感じず過ごしやすかったです。ふとんもふかふか。コンセントもちゃんとあります。

入り口にロッカーがあるので、貴重品を預けておけますね。

囲炉裏でシェアディナー

1人1000円(税込)で「囲炉裏でシェアディナー」を申込可能。他のゲストと一緒に、囲炉裏を囲みながら干物などを食べられますよ。

ご飯と味噌汁はおかわり自由。デザートには囲炉裏でマシュマロ!女子ウケも抜群、、、

なお、シェアディナーは予約制です。宿予約時かチェックイン時に伝えてください。

温泉に入るなら30分500円貸切温泉

箱根で温泉に入るのであれば、日帰り温泉や銭湯になります。

ただ、今回わかったこととして、グーグルマップで調べると強羅周辺にいくつか銭湯があるのですが、営業していないところが多かったです。

それで宿のスタッフさんに聞いたところ、姉妹店の温泉付ゲストハウス HAKONE TENTにあるよ!と。

なんと、30分500円で源泉掛け流しの温泉を貸し切りにできます!シャンプー、ボディソープはもちろん付いています。タオルだけ別途料金なので、TENMAKUのほうに泊まった方は無料の貸しタオルを持っていってください。

TENMAKUからTENTまでは歩いて10~15分くらいです。

ビールはいっぱい500円

温泉入った後はビールだよね!とのことで、天幕のバーでビールをいただきました。生はキリン。

あぁ、うんまっ

ビールはいっぱい500円。日本酒など種類もそれなりにあります。

スタッフさんもみんな気さくなどで、ひとりでも楽しめます!

12月あたりに強羅駅近くにカフェをオープンするみたい

ちなみに、ゲストハウスTENMAKUとTENTを運営している会社が2020年12月あたり、強羅駅近くにカフェをオープンするみたいです。

提供:google

立地はかなり良いので、ぜひに。

ランチ

地域共通クーポンがあったので、強羅駅近くの雰囲気良さげなカフェ「プレジール・ドゥ・ルフ」でランチを食べようと思い、行ってみたのだけど、、、

Ninja cafeの看板を曲り
線路沿いをしばらくまっすぐ
数分坂をのぼっていくとCAFE OPENの目印があるので、底を左折
すると箱根写真美術館のところにカフェが
プレジール・ドゥ・ルフ
地域共通クーポン使えねぇぇぇぇ!

Go To イートがスタートするまで使えないとのこと!これどういうことなん?

だったら、別のとこいくわ!ということで、天幕のスタッフさんに紹介してもらった地元の方がよく行くという定食屋さん「二葉に」。

その前に豆腐食べようと「いなげ とうふ店」に行ったけど、こちらもやっておらず撃沈。

二葉

仕方が無いので、おとなしく二葉さんでランチを。

二葉

昨日の晩ご飯が魚だったので、肉が食べたい!ということで1100円のとんかつ定食に。地元の方も多く、店員さんも気さくで、オススメです!

二葉食堂
ジャンル:食堂・定食
アクセス:箱根登山鉄道彫刻の森駅 徒歩4分
住所:〒250-0407 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1110(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 箱根×定食・食事処
情報掲載日:2020年11月14日

強羅駅から徒歩30分「千条の滝」

こちらも天幕のスタッフさんに教えてもらったのですが、

強羅から徒歩30分ぐらいのところに「千条の滝」という滝があるとのことで、帰り際に行ってみることに。

読み方を忘れて、間違えて”ちとせ”の滝って呼んでいたんですが、正しくは”ちすじ”の滝でした。

千条の条は訓読みで”すじ”と読む。知らなかった、、、”えだ”とも読むそう。つまり、”千本の条の滝”という意味です。

千本の条の滝

その千条の滝は、小涌谷駅近くにあります。ちなみに、これまた余談ですが、小涌谷は”こわくだに“ですが、小涌谷駅は”こわきだにえき”って読むそう。なんでやねん

千条の滝

箱根は近場でいいよ

箱根は都内から2時間で行ける範囲なので、ふらっと軽い気持ちで来れるのがいいですよね!ひとりでも十分に楽しめました!

女性の方やドミトリーに泊まったことがないという方は、今回僕が泊まったTENMAKUのような綺麗なゲストハウスに泊まってみるのが良いかなと思います!

以上、「ドミトリー貸切!箱根のゲストハウスで囲炉裏をひとり囲む旅」でした!

タイトルとURLをコピーしました