海外にひとりで旅行に行きたいけど、なかなか勇気がなくて行けない。そんな風に思っている人、実は多いんじゃないかなと思います。僕もそのうちのひとりなのですが、実は今度ひさしぶりに海外へ行くことになりそうです。

以前、僕はよくバックパックを背負って一人でちょこちょこ海外へ行っていたのですが、今やそれも8年前の学生だった頃の話。一人旅が向いていると思っていた自分が、まさか8年も海外へ行かないなどとは夢にも思ってもいませんでした。一人で海外へ行ったことがない方とは少し状況が違うかもしれませんが、自分の中での心境は似たようなものです。

だけど、ようやく、海外へ行くきっかけを今回作ることができました。今回は自分の経験から、海外へなかなか行けないという方が海外へ行くためにどうすべきかという点を伝えていたいと思います。

学生時代は海外を旅することが夢だった

頻繁ではありませんが、大学時代はバックパックを背負って海外へひとり旅に行っていました。当時から、社会人になってからも海外へ行きたいという思いを心の中に秘めていました。海外へ行きたいといっても、それは仕事の休暇中に、年一、二回、海外旅行へ行くということではありません。場所や時間を選ばない仕事をして、好きな時に海外へ行くということを夢見ていました。

そんな漠然な夢を持ってはいましたが、当時学生だった僕は具体的にどうすれば良いのかという手段を持ち合わせていませんでした。大学を卒業してからは、正社員としてではなく、インターンやアルバイトをしながら、好きな時に好きな場所に行くという夢をどうやって実現しようかと考えていたのです。

日々の生活に追われて過ぎていく毎日

大学を卒業して3年の頃、自分が何をしたいのか徐々にわからなくなりました。

もう今考えるとわけがわからないのですが、そこから僕は会社を作ることにします。事業内容は不明。とにかく、やるぞという気合だけ。いわゆる、ブラック企業をしてしまいました。

まずはビジネスをある程度軌道にさせて、軌道に乗ったら好きなだけ海外へ行こう。そのためには、従業員は雇わずに、どこでもいつでも仕事ができるようしなければ。そういった条件をつけて、仕事をスタートします。

それから月日が経ち、仕事は徐々に軌道には乗ってきましたが、次から次へ新規事業を始めたり、トラブルが発生したり。それに伴って、経営が苦しくなってきたり。そして、仕事に追われる日々が続くうちに、いつしか海外へ行くという夢もどこか遠いものになっていました。

海外へ行くきっかけはライブ

僕はある頃から、30歳になるまでには仕事を軌道に乗せて、30歳になったら海外へ住むという目標を立てていました。夢を実現するには下積みが必要だし、それまでは海外へ行かなくても良いと考えていたんです。

しかし、海外へ行ったのは遙か昔のことで、海外へ行くということに対して具体的なイメージが全く描けなくなっていました。そんなことより、目の前の仕事に集中したい。でも、夢が遠すぎて、仕事のパフォーマンスも低下してくる、、、自暴自棄に近いものがあります。とにかく、以前簡単にできていたことが、今ではできない自分になってしまっていたんです。

そうこうしているうちに、年も30になってしまいました。金銭や時間的な問題というのも大きかったのですが、海外へ行けないというわけではありません。その気になれば、明日にでも行けるんです。それでも、やっぱり気持ち的にストップがかかっていたんだと思います。

このままでは、やばい。どうにか現状を打破したい。

そんなとき、好きなアーティストがニューヨークでライブをやるという宣伝がメルマガで流れてきたので、ああ、これは良いきっかけかもしれないなと思ったんです。それで、まず先にライブのチケットを取ることに決めました。これで海外へ行かざるを得ない状況へ自分を追い込みました。

昔であれば行きたい国に行けたんですが、今ではなかなかそれが難しい。だから、目的を海外へ行くことにするのを辞めました。好きなアーティストのライブに行くことにしたんです。

そのアーティストのライブは10回以上行っているんですけど、彼のミュージックは小さい頃から僕の人生の原動力だったし、何度でも行きたくなります。ただ、もう70歳も過ぎており、ワールドツアーももうやらないと宣言しているので、日本での公演がないんですよ。だから、ライブを観るなら、海外へ行くしかない。

正直、チケットを取るのも億劫でした。それが自分を海外へ連れて行くきっかけになるとわかっていたのに。それは習慣化を打ち破ることや新しいことをすることの難しさを表しているのかもしれません。自分でビジネスを始めてからはこのようなことは幾度となく経験してきました。そんな時は、環境を変えるか、後先考えずに思い切って決断してしまう。それしかありません。

やっぱり人生を変えるのには大きなきっかけが必要です。ただ、そのきっかけは自分で見つけるしかない、逆に言えば、きっかけさえ見つけることができれば、自分を突き動かすことができるんです。

より具体的な目的を作ること

大事なのはキッカケを作ること。そして、キッカケを作るには海外へ行くという漠然な理由ではなく、具体的な目的を作ることが大事です。

具体的な目的とは、○○を見に行く、○○を食べに行く、○○に会いに行く、などなんでもいいんです。海外へ行くこと以外の目的を設定します。

ただ、それも先延ばしにしていたら意味がないので、日程や期間が決められているものがいいでしょう。あえてそれを目的にしてしまうんです。目的が本当にあなたの求めるものならよいですが、特に見つからないという方もいると思います。そんな時は、適当に目的を作ってください。目的が本当にやりたいかは正直どうでもいい。ワールドカップがあるなら、ワールドカップを観ることを目的にしてしまう。そういうことです。

そして、目的ができたら、すぐに予約やアポイントを取ってしまうこと。余計なことは考えない。航空券を取るのは料金や時期を決めるのがめんどくさいから後回し。パスポートや航空券は後から取れば大丈夫です。

決めてしまえば、行くしかない。怖いとか、行きたくないとか、お金がないとか、そんなことどうでもいいんです。予定を決めたなら何が何でも行くしかないんです。怖いなら勇気を出せばいい。お金がないなら稼げばいい。時間がないなら無理やり空ければいい。

タイムイズマネー

さて、メンタルが原因でなかなか海外へ行けないという方が、海外へ行くにはどうすればいいのかということについて、今回は自分の経験をもとにご紹介しました。

今回自分の経験から強烈に痛感するのは、

「タイムイズマネー」
「時は金なり」

ということです。

過ぎ去りし日々は二度と帰ってきません。くだらない感情により、どれだけ自分の可能性を否定しているんでしょうか。遅らせれば遅らせるほど自分の可能性は狭まります。やりたいことができない人間になってしまいます。

だから、今こそ、行動してください。目的さえ作ってしまえばあとはスムーズにできると思います。大変なのはいつだって一番最初です。行動することができれば、きっとあなたの人生の可能性はもっと開けるでしょう。