GoToトラベル!地域共通クーポン(電子クーポン)を使ってみた感想

GoToトラベル!地域共通クーポン(電子クーポン)を使ってみた感想TRAVEL

Go Toトラベルキャンペーンで配布される地域共通クーポン。

先週の旅行では紙クーポンを使ったのですが、今回は一休.comで予約したので電子クーポンでの発行でした。

なんだか評判が悪いようですが、電子クーポンの使い勝手がどうなのか気になっている方も多いですよね。

ということで、電子クーポンの使い方や注意点なども含めて、レビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

地域共通クーポンとは?

地域共通クーポンとは、Go To トラベルキャンペーン企画の1つ。旅行代金総額の15%分のクーポンが旅行業者または宿より配布されます。

地域共通クーポンについて、詳しくはこちらの記事にまとめています。

Go To トラベル 地域共通クーポンとは?仕組みと使い方を徹底解説
Go To トラベルキャンペーンの地域共通クーポンの仕組みをるっておかないと、クーポンがもらえなかったり、クーポンの給付額が少なくなってしまう可能性があります。本記事では地域共通クーポンの仕組みを徹底解説!地域共通クーポンをお得に使う方法についてご紹介します!

電子クーポン対応店の探し方

電子クーポン対応のお店の探し方を簡潔にまとめると以下のとおりです。

1. Go To トラベル事務局のホームページを開く
2. 現在地または都道府県を選択
3. 探したいお店のカテゴリを選択
4. 検索する
5. マップ上にお店一覧が表示される
6. お店のアイコンをタップし、詳しくはこちらを選択
7. クーポン種類の欄を確認し、どのクーポンに対応しているのか確認


こちらのお店は「クーポン種類」に紙クーポンのみが表示されていますので、紙クーポンのみ使用できます。


そして、こちらのお店は紙クーポンと電子クーポンの表示がありますので、どちらも使用可能です。

以上です。

お店に行く前にどのクーポンに対応しているのか、必ずチェックしておきましょう!

より詳しい使い方についてはこちらの記事をご確認ください。

【感想】Go to トラベルで地域共通クーポンを早速使ってみた
10月1日よりGo to トラベルの第2弾支援企画「地域共通クーポン」の配布が始まりました!これから地域共通クーポンを使うという人が大半だと思いますが、まだ使い方などの情報が少ないですよね。ということで、10月1日に早速使ってみたので、使い方や感想をシェアしてみたいと思います!

電子クーポンの使い方

では、本題の電子クーポンの使い方をまとめていきます。

予約確認メールをチェック

予約確認メールを開き、地域共通クーポンのリンクを開きます。

お客様情報の入力

IDと予約番号は自動で入力されるので、都道府県を選択します。

reCAPTCHAが表示されたら、チェックを入れ、「上記に同意してクーポンを見る」を選択します。

クーポンを発行する

クーポン

すると、クーポン発行画面が表示されます。使用できるクーポン一覧が表示されるので、使いたいクーポンをタップします。

今回利用できる電子クーポンは1000円です。

クーポンタップ

クーポンをタップすると、金額およびクーポン発行ボタンが青色になり、残高が0円になります。問題なければ「クーポンを発行する」をタップします。

お店でクーポンを使用する

では、使うお店を決めたら、実際に会計してみましょう!

注意点として、会計前には必ず電子クーポンの発行画面を開いておくようにしてください。でないと、会計時にバタバタしてしまうハメになりますからね。

クーポン画面を開いたら、「今すぐ使う」ボタンを選択します。

なお、いますぐ使うボタンを押してしまっても、すぐに使わずに、後で使うこともできそうです(たぶん)。

QRコードスキャン

「QRコードをスキャンして利用する」を選択します。

レジにて電子クーポンを利用することを伝えると、上写真のようなQRコードを提示されるので、カメラで読み込みましょう。

読み込みが終わると、「上記店舗で利用済みにしますか?」と表示されるので、「利用済みにする」を選択します。

なお、利用済みを押してしまうと、支払いのキャンセルができなくなるので注意が必要です。あとから、「残高が余っていたからこれを追加して!」なんてこともできません。

クーポン利用済み

利用済みを選択するとこのような画面が表示されますので、店員さんにこの画面を見せて、利用済みになったことを確認してもらいます。

以上で終了です。

QRコードを開こうとしたらエラーとなった場合

QRコードエラー

こんな風に、QRコードを読み込もうとしたらエラーになった、。。という方も安心してください!

エラーが表示された場合は、パスコードというものを手入力して対応します。

パスコード

先程の「QRコードをスキャンして利用する」ボタンの下の方に「パスコードを入力してください」という項目があります。

パスコード

ここに店員さんから提示されたQRコード下にある数字を入力して、「確認」を押します。すると、QRコードを読み込んだ時と同じ状態になります。その後の流れは前述のとおりです。

電子クーポンのメリット

さて、はじめて電子クーポンを利用してみたわけですが、電子クーポンのメリットはこんな感じ。

・スマホさえあれば完結できるので、クーポンを忘れる心配がほぼない
・スマホだけでクーポン受取から支払まで完結できる

電子クーポンのデメリット

逆にデメリットはこんな感じ。

・スマホがないと会計できない
・クーポンを発行するのが面倒
・電子クーポンが使える店が少ない
・電波がないとモタモタする(携帯の通信制限注意)
・トータル、お年寄りには難しいかも…

まとめ

以上、地域共通クーポンの電子クーポンの使い方や注意点をまとめてみました!

普段からスマホでPayPayなどのQR決済をしているという人にとっては、電子クーポンはなんなく利用できると思います!

ただ、僕は紙クーポン、電子クーポンの両方を利用してみましたが、個人的には紙クーポンのほうが使い勝手が良かったですね。というのも、普通に財布から紙クーポン出すだけなので、簡単です。誰でもできます。

電子クーポンは正直面倒くさかったかなと。いちいちログインしなきゃいけなかったり、電波が悪いと読み込むまで時間がかかったり。

とはいえ、ほとんどの方はどちらも問題なく利用できると思います!

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんなど、お年寄りが使うという場合はサポートしてあげましょう!

電子クーポンの使い方、ぜひ参考にしてみてください!

おまけ:熱海旅行

Go To キャンペーン2周目、今回行ったのは熱海。

駅前はこんな感じ。平日の夕方の時間帯だったけど、やっぱり少ないかな。

送迎のおっちゃん曰く、観光客は通常の半分くらいと言っていた。まぁ、そうだよな。ってか、おっちゃんキレてたわ…割引する必要なんかねぇよ!ふだんから稼ぎすぎなんだよ!これぐらいが丁度よいって!

あぁ、人生いろいろだよな。

それで、今回は送迎までの時間なかったのでコンビニで地域共通クーポンを使うことに。最初はファミマで電子クーポンつかおうと思ったけど、調べたら対応してない…まじかよ!

NEWDAYSが対応していたので、そこで1000円分購入。晩ご飯を買ったんだけど、ホテルにはレンジがないので、温めなくても良い蕎麦にした。

それでいざ会計!QRコードを読み込もうとしたらエラー、、、

この端末は対応してないだと…?

ふざけんなよファーウェイ!クロームで開いてるはずやぞ!? 

と少し焦ったけど、パスコードを入力すれば良いということで無事に会計を済ます。

960円ほどでほぼピッタリ!ただ、袋いるなと思って、3円を現金100円玉で支払いお釣りを97円もらうという羽目に…みんな袋忘れんようにな!今どき店員さんも袋いるか聞くいてくれないからな…

今回泊まった宿はゆとりろ熱海。朝食込みで地域共通クーポン分差し引くと4000円ぐらい。

チェックイン時に地域共通クーポンの使い方の説明書とアルコール、マスク置きをもらう。

ゆとりろ熱海

部屋もいーじゃん。温泉も貸切誰もいない。部屋からの景色もいいね!

宿ついたらまずはコンビニそば。

なんだと!?

レンジでチンしなきゃいけないやつじゃん。。。そりゃそうだよな、アホすぎでしょ。

お湯を沸かしてそばにかけたらなんとかいけたわ!

うんうん、全然いけてる。いけてるよ。

さて、風呂入って部屋で仕事しようとしたら、wifiは部屋で使えないとの表記が。

なんだと!?

今どきそんなことあんのかよ…いらないところで評価落としますよ?

って、予約前にちゃんと確認しないお前が悪い。

まぁ、モバイルwifi持ってきてくるから問題ないんだけども!

それで仕事していたら、電池残量が足りないというポップアップが…

なんだと!?

ちゃんと電源ケーブル差してるけど?ってよく確認したら充電ランプが点灯していない。

コンセントが壊れているだけだと淡い期待をしたが、別のところに挿しても駄目だった…はい、詰み。翌日は熱海の海沿いのカフェで仕事して帰ろうと思ったのにな。

ということで、駅前で昼飯食べて早々に帰宅。そんな、ひとり旅でした。

タイトルとURLをコピーしました