【感想】Go to トラベルで地域共通クーポンを早速使ってみた

TRAVEL

さて、10月1日よりGo to トラベルの第2弾支援企画「地域共通クーポン」の配布が始まりました!

これから地域共通クーポンを使うという人が大半だと思いますが、まだ使い方などの情報が少ないですよね。

ということで、10月1日に早速使ってみたので、使い方や感想をシェアしてみたいと思います!

電子クーポンのレビューはこちら↓↓↓

スポンサーリンク

地域共通クーポンとは?

まずはおさらい。

Go to トラベルとは、国内旅行をする対象者に宿泊・日帰り旅行代金の50%を支援する事業のこと。

50%のうち、35%が旅行代金より割引され、15%が旅行先で使える地域共通クーポンとして配布されます。

詳しくは、こちらの記事で説明していますので確認してみてください!

実際の地域共通クーポン

早速、地域共通クーポンを受け取ってみました!

地域共通クーポン表

こちらが地域共通クーポンの表面。紙クーポンは1,000円券のみ。

クーポン左下には利用可能なエリアが記載されてますね。今回宿泊したホテルは東京だったので、東京都が○で囲まれています。

そして、クーポン中央下には有効期限が記載されています。
※利用可能時間に制限があるので注意!詳細はさきほど紹介した記事をご確認ください。

裏面はこんな感じ。

注意事項が記載されています。Go To トラベル問い合わせ窓口の電話番号も書いてあります。

なお、クーポンは切取無効なので注意です!

地域共通クーポン 受取から使用までの流れ

では、地域共通クーポンの受取から使用までの流れを簡単にご紹介していきます。

地域共通クーポンの受取り

今回はじゃらんで予約したので、チェックイン時にカウンターで紙クーポンをもらいました。

ホテルにチェックインする際に「地域クーポン受領書」という書類を渡されるので、著名と予約サイトを記載します。

この受領書と引き替えに、地域共通クーポンを受け取れます。

予約するオンラインサイトによってクーポンを発行する形態が異なります。紙か電子どちらで発行するかは旅行サイトによって決められており、利用者が選択できない仕様なので注意が必要です!

 
現状わかっている旅行サイト毎のクーポン発行方法は以下の通り。
※今後変更される可能性があります。

地域共通クーポンが使えるお店を探す

クーポンを受け取ったら、地域共通クーポンが使えるお店を探しましょう!

Go To トラベル事務局の公式ホームページで地域共通クーポン取扱店舗が掲載されていますので、まずはサイトにアクセスします。

今回はモバイルでの操作方法を紹介していますが、パソコンでも操作方法は同じです。

Go To トラベル

「Go To トラベル」で検索するとトップに出てくるので、サイトをクリック。PC、モバイルどちらからでもアクセス可能です。

クッキー

サイトにアクセスすると、クッキーの承諾確認のポップアップが表示されるので、「はい、確認しました」を選択します。

Go to トラベル

すると公式サイトのトップ画面が表示されます。

サイトを開いたら下のほうにスクロールしていきます。

エリア選択

下の方にスクロールしていくと、「地域共通クーポン ー取扱店舗を探すー」という見出しがあります。ここからお店を見つけます。

まずは上画像の通り、「現在地」または「都道府県」からエリアを選択しましょう。

カテゴリ選択

次に、「グルメ」、「小売」、「コンビニ&スーパー」、「観光施設」、「遊興関連」、「スポーツ」、「交通機関」、「その他」より探したいカテゴリにチェックをいれて「検索する」を選択します。

エリアで「現在地」を選択した場合は、現在地情報の使用許可を求められるので、「許可」を選択します。

飲食店マップ

すると、地域共通クーポンが使える飲食店がマップ上に表示されます。「グルメ」のお店は有楽町、銀座、日比谷や新橋エリアで10件くらい。

マップ上でもエリアやカテゴリの絞り込みができます。

こんな感じで全部のカテゴリーをマップで表示させたらけっこう対応店舗あるんだなと思ったんですが、飲食店だけを表示させるとかなり少ない。。。

あとは、他のエリアでも調べてみましたが、高級店ばかりでリーズナブルなお店や食堂みたいなお店はほとんどなかったですね。

今後増えるのかもしれませんが、とにかく安く済ませたいという方はグルメ以外で使った方が良さそうです。一部コンビニでも使えるので。

ちなみに、アイコンをクリックすると、こんな風にお店の名前、住所、電話番号が表示されます。「詳しくはこちら」を選択すると、

営業時間など、お店の詳細を確認できます。これをみると、お店によってクーポンが使える種類が決まっているみたいですね。紙クーポンと電子クーポンの表示があるので、こちらのお店は両方使えるようです。また、お店のWEBサイトへもアクセス可能です。

お店までのアクセス

お店を決めたら、次はお店までの行き方および時間を調べます。

まずはお店の「詳しくはこちら」を選択します。

マップ上部より、「出発地をお選びください」を選択します。

出発地

現在地および周辺の駅から出発地を選択できます。

経路および時間

出発地を選ぶと、徒歩と自動車それぞれのお店までの経路と時間が確認できます。

グーグルマップをいちいち開かなくて良いので、これは結構便利!

地域共通クーポンで支払い

最後はお店で支払うだけ。

支払い

会計時にクーポンを店員さんに渡してください。クーポンだけでは足りなければ、残りは現金などで支払えばOK!

ちなみに、今回行ったお店は日比谷にあるかつ吉さん。

かつ吉 日比谷国際ビル店
かつ吉 日比谷国際ビル店
ジャンル:とんかつ専門店
アクセス:都営三田線内幸町駅A6番出口 徒歩3分
JR新橋駅 徒歩7分
住所:〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビルB1(地図
周辺のお店のネット予約:
熟成肉 肉バル CARNE BAR KATETE 虎ノ門店のコース一覧
個室居酒屋 くいもの屋わん 田町店のコース一覧
個室会席 北大路 新橋茶寮 汐留シティセンター店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新橋×とんかつ(トンカツ)
情報掲載日:2020年10月8日

かつ吉

ご飯、きゃべつ、漬け物おかわり自由で税込1800円でした。限定メニューみたいだけど、日比谷でこの値段だったらかなりお得かなと。

1000円分のクーポンを使ったので、現金の支払いは800円のみ!

ちなみに、かつ吉さんに行ったのは19時過ぎだったけど、クーポンの利用者は僕で4、5人目だったみたいです!

地域共通クーポンを使ってみた感想

以上、地域共通クーポンの使い方をレビューしてみました。

紙クーポンはかなり使いやすかったですね!

宿でもらって、会計時に渡すだけ。シンプルなので、お年寄りの方は絶対に紙クーポンのほうが良いかなと思います。

残念なのは、飲食店が少ないこと。もう少しリーズナブルなお店があったほうが使いやすいし、バリエーションも欲しいですね。。

その代わり、小売店はいろいろありました。ユニクロやビックカメラみたいな大型店でも使えるようです。

これから使うという方はぜひ参考にしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました