iPhoneの充電ケーブルはもういらない!旅行で身軽になりたいならankerのマグネット式モバイルバッテリーしかないでしょ

TRAVEL

旅行先ではスマートフォンを使う機会が多いですよね。

たとえば、写真や動画をとったり、Googleマップを見たり、友達や家族と連絡を取り合ったり。そんなこんなしているとスマホの電池があっという間になくなってしまいます。

そんなことから、モバイルバッテリーで充電しながらスマホを使うという人も多いはず。

ただ、充電ケーブルでバッテリーとスマホを接続しないといけないので、なにかと不便が多いですよね。

そんな問題を解決してくるのがiphone12シリーズに対応したAnkerのマグネット式モバイルバッテリー、その名も「Anker PowerCore Magnetic 5000」。

早速僕も購入してみましたので、レビューしてみたいと思います!

スポンサーリンク

旅行先でのモバイルバッテリーあるある

ケーブルで繋ぐタイプのモバイルバッテリーを使っているとこんな問題を抱えたことがある人も多いかもしれません。

・充電ケーブルを忘れてしまった
・充電ケーブルが絡まってカバンの中がぐちゃぐちゃ
・充電しながら移動するとケーブルが邪魔で歩きづらい
・モバイルバッテリーがそもそもかさばる

ケーブルがストレスの要因になることが多いんですよね。

そんな問題を解決してくれるのがAnker PowerCore Magnetic 5000なんです。

Anker PowerCore Magnetic 5000の概要

Anker PowerCore Magnetic 5000の概要はこちら。

Anker PowerCore Magnetic 5000は、2021年に発売されたアンカー初のマグネット式モバイルバッテリーです。

料金:3990円(税込)
サイズ:93 x 63 x 16 mm
重さ:133 g
USB-C入力 5V=2.2A (最大11W)
USB-C出力 5V=2A (最大10W)
ワイヤレス出力:5W
ワイヤレス入力:非対応
容量:5000mAh
マグネット対応機種:iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
パッケージ内容:Anker PowerCore Magnetic 5000、USB-C & USB-C ケーブル、取扱説明書
保証:18ヶ月

Anker PowerCore Magnetic 5000のすごいところ

Anker PowerCore Magnetic 5000のすごいと思うところをご紹介します。

マグネットによりケーブルレスで充電ができる

マグネット

iPhone 12にはMagSafeという仕組みが採用されており、iphone12の背面には磁石が搭載されています。Anker PowerCore Magnetic 5000では、マグネットでスマホとくっつけることができるため、ケーブルなしでもモバイル充電することが可能です。

さらに、MagSafe対応ケースを使えば、ケースの上からでもマグネット装着することも。

ケーブル要らずで充電しながらiphone12を操作できるため、旅行先でのバッテリー切れを心配する必要もなくなります。

Ankerのモバイルバッテリーに比べてコンパクトで軽量

大きさ

通常のAnkerのモバイルバッテリーAnker PowerCore Fusion 5000と大きさを比較した画像がこちら。縦幅はMagnetic 5000のほうが長いですね。Magnetic 5000はだいたいクレジットカードほどのサイズ感です。

厚み

ただ、厚みにはかなり差があります。Fusion 5000の厚みが31mmで、Magnetic 5000の厚みが16mmですので、厚みには倍近い差があることがわかります。

重量もFusion 5000が189gで、Magnetic 5000が133gですので、Magnetic 5000のほうが三分の一ちかく軽いです。

実際にiphoneにつけてみても重さも特に気なりませんし、そんなに邪魔くささは感じないですね。パンツのポケットに入れるとさすがにかさばりますが、持ち運ぶという点では旅行にぴったりです。

振っても全然落ちない

マグネットの強さがどれくらなのか試してみた動画がこちら。

強く振りすぎるとさすがに外れますが、けっこう強めにふっても落ちません。これぐらいの磁石の強度があれば、気づいたらモバイルバッテリーが無くなっていた…なんてこともなさそうです。

充電しながら撮影できる

装着

旅行での使用を考えた際に最大の魅力となるのが、充電しながら撮影ができるという点。

バッテリーを装着してもバッテリーが画角に映りません。

また、バッテリーの厚みが薄いため、「スマホが持ちづらく撮影するのが難しい・・・」なんてことも個人的には感じませんでした。片手でなんなく持てるサイズ感ですよ。

スマートなデザイン

スマートなデザイン

さすがAnkerといったところですね。

デザインがダサいと外では付ける気にもならないですが、老若男女だれもが使いやすように、ミニマルでシンプルなデザインに設計されています。

かっこいいので、友達にも自慢できそうですね。

Type Cケーブルで有線による充電もできる

Type Cのケーブル

付属のType Cケーブルを使って有線で充電することも可能です。

有線を使えば、iphone12ではないアンドロイドなどのスマホの充電もできます。また、ワイヤレスよりも有線のほうが早く充電することができるので、電池が足りなくなってきた時には有線で、ワイヤレスと有線で使い分けたりすることもできますね。

バッテリー充電中にスマホも充電可能

バッテリー充電

バッテリーをケーブルで充電している最中でも、iphone12を充電することが可能です。充電中のバッテリーにスマホをのせるだけ。

Anker PowerCore Magnetic 5000の使い方

使い方は簡単。

充電のマークが付いた方(赤丸部分)をiphone背面のアップルマーク付近にくっつけるだけ。マグネットが”カチャ”とくっつきます。

ちゃんとくっつければ、iphone画面右上のマークが充電中に切り替わります。

充電されないという方は、モバイルバッテリーの電源が入っていないと思われます。

バッテリー側面の左側にある電源ボタンを押してみてください。バッテリーが充電されていれば、右側の青いボタンが点滅します。

もし電源が入らないという方はバッテリーを充電しましょう。

Type Cケーブルで充電機と接続すると充電できます。

白ライトが充電のメーターを表していて、4段階式で充電量を確認できます。

Anker PowerCore Magnetic 5000のデメリット

最後に、Anker PowerCore Magnetic 5000のデメリットを見ていきましょう。

iphone12シリーズ以外は非対応

アンドロイド

Magsafeを搭載しているiphone12以外は非対応となっています。

マグネットがこの商品の最大の利点であるため、iphone12以外の機種でも充電できるとはいえ、使い勝手が悪くオススメできません。

MagSafe対応ケース以外は非対応

ほとんどの方がiphone12 にスマホケースをつけていると思いますが、なんとMagSafe対応ケース以外は非対応となっています。。。ケースの上からだと、マグネットもつきませんし、充電もできません。。。残念ながら僕の使っているスマホケースは非対応でした。

ですので、MagSafe非対応のケースを使っている方はMagSafe対応ケースをあわせて購入しましょう。

MagSafe対応ケースはこちら。

スマホが満タンに充電されない

5000mAh

電池容量が5000mAhと少ないです。

そのため、モバイルバッテリーをマックスまで充電したとしても、iphone12を100%まで充電することができません。Ankerによると、約3時間で最大96%までとのこと。

バッテリーがコンパクトな分、バッテリーの容量が少ないというのはしょうがないところですね。

ワイヤレス出力が5Wと低速

ワイヤレス出力が5wなので、充電スピードが遅いです。急いで充電したい時には不向きと言えます。

なお、有線での充電速度は10wです。ワイヤレスで充電するよりは早いですが、PCなどを充電するにはもの足りません。また、有線と無線の二台同時の充電もできません。

Qi対応その他のモバイルバッテリー

iphone12以外に対応したマグネット式のモバイルバッテリーはないわけ?

iphone12以外のアイフォンユーザーやAndroidユーザーも多いはず。

残念ながら、マグネット式のモバイルバッテリーはおそらくありません。というのも、スマホ自体に磁石が搭載されていないため。

Qi(ワイヤレス充電)対応スマートフォンであれば、ワイヤレスのモバイルバッテリーで充電することが可能です。

ワイヤレス充電(Qi)に対応している機種一覧については、こちらのサイトにまとまっています。

ワイヤレス充電(Qi)に対応している機種一覧

ぶっちゃけ、Anker PowerCore Magnetic 5000より性能が高いワイヤレスモバイルバッテリーも多いです(マグネットじゃないですけど)。

Anker PowerCore Magnetic 5000まとめ

以上、Anker PowerCore Magnetic 5000をご紹介しました!

iphone12ユーザーであれば、旅行に持って行くモバイルバッテリーは現状これ一択かなと。やっぱりAnkerという信頼性が大きいですね。

ワイヤレスでマグネット式というのは本当に画期的だと思います。もはや旅行のために生まれたと言っても過言ではない…

ちなみに、このAnker PowerCore Magnetic 5000ですが、売れすぎで品薄状態みたいです。

アマゾンでも入荷待ちになっていることがありますので、興味がある方は早めに手に入れてみてくださいね。きっと旅行を快適にしてくれますよ。

タイトルとURLをコピーしました