ユースホステルの泊まり方

ユースホステルはバックパッカー向けのホステルの1つです。

ユースホステルという名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

これから使ってみたいという方も多いと思いますが、会員制ということもあり、本来は初心者向けのホステルにもかかわらず、敷居が高く感じているかもしれません。

そんな方に向けて、ユースホステルの概要と泊まり方をご紹介します。

ユースホステルとは世界中にある宿泊施設

ユースホステルは全世界に点在する会員制の宿泊施設です。

ドイツで100年以上も前に誕生し、現在では約80の国と地域に4000ものユースホステルがあります。日本にも全国に約220か所のユースホステルが存在します。

会員登録方法

年齢、性別問わずに、誰でも簡単に会員になることができます。国内にあるユースホステル協会または入会案内所で、免許証や健康保険証などの身分証明書を提示すれば即日で会員証を発行してくれます。

19歳以上の成人パスは年会費2,500円、継続であれば2,000円(有効期限は1年間)がかかりますが、ヨーロッパなどの物価が高い地域を利用する方であればすぐに元は取れるでしょう!

インターネットを使って会員証の申し込みをすることもできます。ユースホステルのオンライン入会

海外へは郵送してくれないので、ご家族などに海外まで転送してもらう必要があります。ですので、日本にいる時点で会員手続きをしておいた方が無難です。

部屋の種類

男女別のドミトリーが基本です。1部屋が4~8人程度、2段ベッドの洋室(日本では畳部屋もあり)が基本です。海外の一部地域では、男女混合のドミトリーや個室があります。

ユースホステルの料金

日本、海外含め、ユースホステルの宿泊料金はバックパッカー向けということもあり、低価格で宿泊することが可能です。料金は地域によって様々ですが、日本では会員価格3000円程度(素泊り)で宿泊できます。

ちなみに、宿代が少し割高にはなりますが、会員ではなくても宿泊することは可能です!(会員証がない場合、日本で1泊につき600円の追加料金が必要です。)

予約方法

国内
・電話、メール、FAXのいずれかで、泊まりたいユースホステルに直接連絡して予約する
・日本ユースホステルの予約フォームから予約する(一部のユースホステルのみで可能)
・国際ユースホステルの予約フォームから予約する(一部のユースホステルのみで可能、要クレジットカード)

海外
・電話、メール、FAXのいずれかで、泊まりたいユースホステルに直接連絡して予約する (要語学力)
・国際ユースホステルの予約フォームから予約する(一部のユースホステルのみで可能、日本語可、要クレジットカード)
・予約なしで直接行く

ニューヨークやロサンゼルス、ロンドン、パリ、ローマなどの主要都市のユースホステルは年中混んでいるため、直接行っても泊まれない可能性が高いので事前に予約をすることをオススメします。

主要なユースホステルであれば日本語でインターネットから予約できるので、日程が決まっていれば予約をしておきましょう。 予約なしで直接行く場合は、先着順のため、午前中のできるだけ早い時間にベッドを確保するようにしてください!

メリット・デメリット

メリット

・世界中に宿泊施設がある
・ドミトリーなので宿泊料金が安い
・知名度があるので、安心して利用できる
・異文化交流を楽しめる

デメリット

・会員証がないと高くなる
・年会費がかかる
・主要国では事前に予約しないと泊まれないことが多い
・ドミトリーのため、プライベートがなく落ち着かない
・ドミトリーのため、貴重品の管理には注意が必要

まとめ

ユースホステルは世界で一番権威あるホステルのため、とにかく安心して利用することができます。また、ほとんどのホステルは2段ベッドのドミトリーのため、色々な国の人とコミュニケーションすることができます。

初めて旅行するという人にユースホステルはオススメです!